依頼は必須


人身事故に遭った方の大半は、怪我を負ったり、死亡したりと、非常に大きな被害を受けています。死亡した場合は残された家族の生活のために、怪我を負った場合は治療費などの捻出のために、慰謝料の請求が欠かせませんが、その際弁護士費用を支払わないために、自分だけで交渉を行うことは絶対に避けましょう。加害者側の保険会社との示談交渉が行われるでしょうが、相手の保険会社の言うとおりに動いてしまうと、もらえる慰謝料は大きく減額するでしょう。

基本的に加害者側の保険会社は、少しでも損失を抑えるために、支払う慰謝料を低くしようとします。その結果怪我の治療費など、必要最低限の額を提示するのですが、このとき弁護士に依頼しておくと、事故の状況などを詳しく調査して、さらに多くの慰謝料をもらえる証拠を探してくれます。そうすれば確実に加害者側が提示した慰謝料以上はもらえますし、うまくいけば相場以上の慰謝料を請求できます。

人身事故による弁護士費用は、大体80万円ほどとされています。裁判を起こした場合はさらに増えるといいますが、それだけの費用を支払うだけのリターンを得られるのは間違いありません。弁護士費用は必要経費と割り切って、交通事故専門の弁護士を探して、さらに多くの慰謝料を請求してもらいましょう。


Back to Top