費用を抑えるには


交通事故は、今後の人生を大きく左右するトラブルです。死亡する可能性もある中、命が助かるだけでも運が良いともいえますが、事故に遭った後に今までどおりの生活を送れないこともあるので、事故に遭った後は、加害者へ慰謝料を請求し、治療費や今後の生活費などを確保しなければなりません。そのためには弁護士を雇う必要がありますが、弁護士費用を抑えるにはどうすればよいのでしょうか。

人身事故の弁護士費用の相場は、大体80万円ほどといわれています。示談交渉の場合は10万円から20万円ほどの着手金と、得られた慰謝料に応じた成功報酬を支払うことになるのですが、慰謝料が少なければその分報酬は減るので、弁護士に依頼したことで得られる慰謝料が大きく減ることは無いでしょう。ただし裁判を起こすことになった場合は、さらに多くの着手金や報酬を支払うことになるので、出来る限り示談で済ませられるように交渉を進めたほうが、弁護士費用は減るでしょう。

今後の生活を考えると、弁護士費用は出来る限り減らしたいところですが、費用が安く済む弁護士は、実績が無いために費用を安く設定しているところもあるので、その後の交渉がうまく進まない可能性もあります。少しでも多くの慰謝料を確実に得るためにも、多少多めに費用を支払うことになっても、優秀な弁護士に依頼するのも一つの手です。


Back to Top