依頼は必須

人身事故に遭った方の大半は、怪我を負ったり、死亡したりと、非常に大きな被害を受けています。死亡した場合は残された家族の生活のために、怪我を負った場合は治療費などの捻出のために、慰謝料の請求が欠かせませんが、その際弁護士費用を支払わないために、自分だけで交渉を行うことは絶対に避けましょう。加害者側の保険会社との示談交渉が行われるでしょうが、相手の保険会社の言うとおりに動いてしまうと、もらえる慰謝料は大きく減額するでしょう。

基本的に加害者側の保険会社は、少しでも損失を抑えるために、支払う慰謝料を低くしようとします。その結果怪我の治療費など、必要最低限の額を提示するのですが、このとき弁護士に依頼しておくと、事故の状況などを詳しく調査して、さらに多くの慰謝料をもらえる証拠を探してくれます。そうすれば確実に加害者側が提示した慰謝料以上はもらえますし、うまくいけば相場以上の慰謝料を請求できます。

人身事故による弁護士費用は、大体80万円ほどとされています。裁判を起こした場合はさらに増えるといいますが、それだけの費用を支払うだけのリターンを得られるのは間違いありません。弁護士費用は必要経費と割り切って、交通事故専門の弁護士を探して、さらに多くの慰謝料を請求してもらいましょう。

費用を抑えるには

交通事故は、今後の人生を大きく左右するトラブルです。死亡する可能性もある中、命が助かるだけでも運が良いともいえますが、事故に遭った後に今までどおりの生活を送れないこともあるので、事故に遭った後は、加害者へ慰謝料を請求し、治療費や今後の生活費などを確保しなければなりません。そのためには弁護士を雇う必要がありますが、弁護士費用を抑えるにはどうすればよいのでしょうか。

人身事故の弁護士費用の相場は、大体80万円ほどといわれています。示談交渉の場合は10万円から20万円ほどの着手金と、得られた慰謝料に応じた成功報酬を支払うことになるのですが、慰謝料が少なければその分報酬は減るので、弁護士に依頼したことで得られる慰謝料が大きく減ることは無いでしょう。ただし裁判を起こすことになった場合は、さらに多くの着手金や報酬を支払うことになるので、出来る限り示談で済ませられるように交渉を進めたほうが、弁護士費用は減るでしょう。

今後の生活を考えると、弁護士費用は出来る限り減らしたいところですが、費用が安く済む弁護士は、実績が無いために費用を安く設定しているところもあるので、その後の交渉がうまく進まない可能性もあります。少しでも多くの慰謝料を確実に得るためにも、多少多めに費用を支払うことになっても、優秀な弁護士に依頼するのも一つの手です。

人身事故の相談

人身事故に遭った場合、どれだけの被害が出たかによって、受け取れる慰謝料が変わって来ます。このとき気をつけたいのが、加害者側が提案する示談金を受け取って交渉を終えることで、保険会社が提示する示談金は、本来受け取れるであろう慰謝料の相場を下回ることが大半です。そのため交渉を自分にとって有利に運ぶためにも、弁護士に相談する必要があります。当然弁護士に相談するには費用がかかりますが、それに見合う利益は得られるでしょう。

人身事故に対する弁護士費用は、相談料と着手金、報酬金を支払うことになります。相談料は相談するたびに必要となりますが、初回は無料のところが多く、それ以降は30分で5千円ほどが相場とされています。示談交渉が出来た場合は、着手金として10万円から20万円、報酬金として15万円と賠償額の8%を支払うのが相場とされています。合計すると最低でも50万円以上はかかることが予想されますが、それ以上に交渉しないよりも多くの慰謝料を受け取れるので、結果的にはこちらのほうが得なのは間違いありません。

人身事故の相談は、もらえる慰謝料の額を増やせるのはもちろんですが、精神的な安定にもつながります。事故に遭って怪我を負い、これからの生活の不安もある中で、保険会社と交渉を繰り返すのは想像以上の負担となります。現状を少しでも安定させて、これから先の生活を楽にするためにも、専門家のサポートは必ず受けましょう。交通事故に強い法律事務所はたくさんあるので、ネットなどを利用しつつ、評判の良い法律事務所を探しましょう。

Back to Top